スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ドイツ日記<その8>

2006/11/10 15:41 

最後の日、朝からツォーにあるカイザーヴィルヘルム記念協会へ。

けれど、まだ開いてなかったのでカフェで時間をつぶしました。

それにしても朝からカフェでまったりしている人が多い。
おじさんとかちゃんと仕事してんの?って思わず聞きたくなるけど、
これには理由があるらしいです。

ベルリンはフリーランスの人が多く、
会社と契約して一人で事務所を構えている人とか。
それで納得!
アパートの隣のビルにもそういう一人で仕事してる人がよく見えるもんね。

カフェを出ると近くに靴屋さん発見!
旦那はコンバースの赤いスニーカーを購入してました。

教会は、戦争で壊れて現在は使われていない建物と
現在使われている新しい教会が。
その新しい教会のステンドグラスの美しい事!!!
青い世界という感じで、ここは本当におすすめです。

img163_charch.jpg

そして、駅のそばの古着屋さんでコートを購入したりした後、
電車に乗って旦那の知り合いの弟さんに会いにアレキサンダープラッツへ。

そのM氏が働いている「susuru」といううどん屋さんを訪ねました。

うどん屋さんと聞いてどんな店かと思ってたら、びっくりするくらいお洒落!
スタイリッシュでカフェかバーみたいな感じ。

img164_susuru.jpg

うどんもつみれ入りでしっかりした味付けでむちゃ美味しかった!

img165_udon.jpg

M氏はそこで調理の仕事をしていて、本職はカメラマン!
とってもフレンドリーで、モデルをしていた事もあるかなりの男前でした。

いろんな情報をいっぱい教えてもらって、楽しいひとときを過ごしました。
彼曰くこの1週間はまれに見る快晴で、この季節にこんな気候は珍しいとの事。

帰り道ギャラリー等を見ながら一度アパートに戻り、
夜は彼に教えてもらったピザの美味しい店でご飯をしました。

P1020820.jpg

img167_dance.jpg

ここはダンスホールもある古い建物で、なんかタイムスリップしたみたいな雰囲気。
ピザもイタリアで食べたのにまけないくらい本当に美味しかったです。

P1020817.jpg

そして、私たちの席からちょっと離れた席で合コンをしているドイツ人達を発見!
二人で観察していたけど、ドイツ人はシャイな男性が多いみたいで
なかなか苦戦している模様でした。

最後余った時間にテレビ塔に登りました。

img166_tvtowor.jpg
※写真は昼間に撮ったもの

昼間は混んでいて断念したんだけど、夜はすいていました。
エレベーターは超高速だったので耳抜きが必要。
ヨーロッパで2番目に高いタワーらしい。
もちろん夜景がすごく綺麗でした。
東の方と西の方では明らかに明るさが違う感じでしたが、
これからだんだん東の方も明るくなっていくのかな。

私は疲れたのでそのまま帰ったのですが、
旦那はクラブナイツをしに行ってしまいました。
本当に元気な人よね。
異国の地で普通奥さんを一人にして出かけないよね。

でも、M氏がベルリンが気に入って住み着いてしまった理由がすごくわかりました。
なんだかすごく居心地のいい街だから。

最初はドイツ語が読めなくてイライラしたけど、
(フランス語やスペイン語の方がまだわかります。
長くて同じような地名多いし、意表をつくような読み方が多い)

でも、住んでる人は親切で素朴だし、治安も良くて広々してました。
日本と違ってすごく自由な感じ。
まだまだもっといたいな~と思ったベルリンでした!

海外旅行Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。