スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

劇的☆ビフォーアフター

2005/05/02 21:59 

最近リフォームな一週間でした。

というのも、今度引っ越す社宅が

●築30年以上の宿舎
●壁は病院のような味気ない白
●壁や天井に薄汚れたシミやひびわれなどがある
●柱も年代は感じるが日に焼けてて貧乏臭い
●なぜか洗面所+脱衣所がない
●階段なしの4階

という難問を抱えた部屋だったのです。

そのかわりといっちゃなんだけどお家賃は激安。
あといいのが南向きで日当たりがよくて異様にベランダが広い事かなぁ。

この問題だらけの部屋に今回挑戦したのが5人の匠(私、旦那、私の父・母・妹)。

まず、前の週にキッチンのフローリングが黒ずんでる上にはげかかってる感じだったので、床掃除用の洗剤でゴシゴシと落としたら、面白いほど汚れがとれました。

そして、旦那が平日にワックスがけと、柱へのオイルフィニッシュの塗装をこつこつやってくれて、土曜日ついに家族総出で壁塗りとなりました。

買った塗料は水性でハウスシックになりにくい原料のやつを選びました。
色は暖かみのある感じにしたかったので、アイボリー。

まず、壁の汚れを綺麗に取り払い、その後ひび割れにパテで修復して、マスキングテープをひたすら貼りまくり!!

その上にビラビラのついた保護する養生テープを貼っていきました。
塗るよりも養生の方が時間かかるみたい。

昼過ぎにやっと塗り始めたのですが、7リットルがすぐなくなってしまって、また買いに走ってもらわなくなったりして大変でした。
思ったより時間かかるもんですね~。

天井は旦那と父が塗っていたのですが、かなり難しそうでした。
でも、どちらの匠もかなり頑張っていい技出してくれてましたよ。
(さすがに思い出の品を使ったリフォームはなかったけど)

母は後から来てお昼のお弁当を持参してくれたし、妹はずっとローラーで壁塗りに奮闘してくれました。
本当にいい家族を持って私は幸せやなぁとしみじみ。

結局玄関だけ残ってしまったので、日曜に二人で塗りましたが、やっぱりなかなか進まなくて大変でした。
結局私は途中でしんどくなってリタイアし、残りを旦那一人が仕上げてくれました。
とりあえず4階なのと洗面所がないのはどうしようもないけど、他はなんとかクリアできたので良かったです。

あとは引っ越しだけだ~!ファイト!!!

住まい・インテリアComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。