スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

不妊治療の記録<その2>

2009/10/08 15:39 

こないだの続きです。

「不妊治療の記録」はこのブログの「番外編」みたいなものなので、いつもの普通の記事の前か後に書いていこうと思ってます。

これから治療をしようと思ってる人にもなるべくわかりやすいように専門用語にはリンクで解説をつけてます。
それでもわかりにくかったらごめんなさい。

痛そうな表現&暗い話が苦手な方はここまでで。
長くなりますが興味のある方はどうぞ。




今回はいよいよ顕微授精が本格的にスタートしたところからです。

ちなみに顕微授精(ICSI)とは・・・

「卵細胞質内精子注入法」といい顕微鏡下で精子と卵子を受精される方法で、卵の細胞の中に直接精子を注入する。
精子の運動率や形態に関係なく受精が成立するので、今まで体外受精でも妊娠が難しかったカップルへの画期的な方法として実施されている。
顕微授精(ICSI)は不妊治療の最終段階のステップに位置していて、特に精子に問題がある人(乏精子症、精子無力症)の治療法といえる。

●2008 10月

1回目顕微授精(ICSI)開始。

10/22 36.35℃ 生理1日目
10/23 36.30℃
10/24 36.15℃ HMG注射300 スプレキュア(1日3回)開始
10/25 36.15℃ HMG注射300  
10/26 36.20℃ HMG注射150  
10/27 36.15℃ HMG注射150  
10/28 36.10℃ HMG注射150  
10/29 36.10℃ HMG注射150  
10/30 36.10℃ HMG注射150  
10/31 36.25℃ HMG注射100 スプレキュア終わり 
11/01 36.10℃ HCG注射
11/02 36.25℃ 
11/03 36.50℃ 採卵

生理3日目から毎日ホルモン剤HMGの注射とスプレキュア点鼻液で卵巣を刺激して卵胞を成熟させ、卵の成長をコントロール。
採卵の前々日の夜HCGを注射し、熟成された卵胞を決まった時間に排卵させるという流れ。
採卵はその排卵する直前に行われる。

HMGは自己注射だったので、最初ものすごく怖かったです。
お腹の皮下脂肪をつまんでぷすっとやるのですが、この時生まれて初めてお腹の皮下脂肪が分厚いことに感謝しましたよ。
慣れると自分でやった方が痛くなくて良かったです。
スプレキュア点鼻液は毎日三回、時間絶対厳守(忘れると排卵してしまう可能性がある)だったので忘れないように携帯のアラームで管理。
後半になると下腹部が張ってきて、頭痛や倦怠感が強くなっていきました。


生理13日目に採卵
毎回採卵の朝は体温が上がりかけていて、施術前に排卵してしまわないかどきどきしてました。
十分な数の精子が取れなかったときのため夫も待機。
まず痛み止めの座薬を入れた後に部分麻酔をし、モニターを見ながら採卵。

恐れていた痛みですが、採卵の瞬間よりその前の麻酔の方がよっぽど痛かったです。
別にチクッとしたわけでもないのですが、ぐりぐりされて痛いというかなんとも表現しにくい痛さでした。
たぶん私うるさかったと思います。
採卵は針を卵巣にぶすっと刺して中の卵をチュルッと抜き取るといった感じなのですが、最初の何回かは全く痛みがなく、なんかほんとに吸い取られてる感があるだけでしたが、3回目くらいからなんだかいや~な感じがしました。
卵の数が多い程何回も刺すので痛みがひどいらしいです。
でも、看護士さんが手をにぎっていてくれたのが心強かったです。


終わった後は止血剤の点滴を受けながら2時間程安静にして帰宅。

朝から絶食してたので病院で出たおやつがすごく美味しく感じました。点滴をしながらベッドに横になってる間、一緒だった方と情報交換しながらおしゃべりしてたらあっという間でした。家に帰ってからも生理痛のような痛みがしばらくありました。


結果、有効な卵は1個しか取れず。。。
「あなたの年齢ならもう少し数が出来ててもいいんだけど」と言われる。
しかも、受精卵として全く育たなかったため、移植も受けられずに終了。

さすがに1回目で妊娠ができるとは考えていませんでしたが、まさか移植さえできないとは思ってませんでした。
採卵が一緒だった方は40代にもかかわらず7つも採れていたのに。
その方も最初は少なかったからとなぐさめてくれましたが、ショックは隠しきれませんでした。


それまで正直心の中で夫のことばかりを責めていたけど、自分にもかなり原因があるのかもしれないと思うとこたえました。
しかも、精子だけじゃなく卵も少ないなんてダブルパンチもいいとこ。
卵を増やす方法も聞いてみたけど、精子と同じでこれをしたから必ず増えるっていうのはないみたいです。

でも、いつまでも落ち込んでたら逆にストレスになって良くないし、とりあえず運動や食事やサプリなどいいと言われてる事を自分なりにやってみようと思いました。


つづきます。

不妊治療の記録(1人目)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。