スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

9ヶ月検診&逆子体操

2010/01/28 17:36 

昨日は9ヶ月に入って初めての検診の日でした。

湿疹はやっと薬で治まってきたので、治った場所はステロイドからワセリンへ切り替えていってる最中です。
早く治療をしたのが功を奏したもよう。
産科の先生にも見てもらったのですが、もっとぐじゅぐじゅしてたらやばいけど乾いてるのでこの程度なら大丈夫との事。

ただ他にも気がかりな事が1つ。
それは何日か前に食器棚の上の方の食器をかなり伸び上がってとった時、お腹の中で「ぎゅるん」っていうものすごい違和感を感じて、それからどうも下腹部に蹴りを感じるようになったことです。
変な体勢をとった事でどうも子宮のスペースがなくなったのが苦しくて、赤ちゃんが逆子になったみたいな気がしたんです。

そして、検診でエコーを見てみると案の定逆子ちゃんになっていました。。。

ただ足の向きが逆子が治りやすい感じに伸びてるので、逆子体操をしたらたぶん1週間くらいで治りそうとのこと。
それと寝る向きは左を下にしてくださいと言われました。

ちなみに逆子体操とは、夜寝る前に腹這いでお尻だけを上に上げた状態で10分以上静止し、そのまま左の方向へ(赤ちゃんの向きによる)ばたっと倒れ込んでそのまま寝ると言う方法です。
助産士さんに指導してもらったんですが、このポーズめちゃめちゃしんどいです。
ヨガで似たようなアーサナがありますが、8秒間やるだけでもしんどいのに10分間って。。。と思ったけど、それで帝王切開から逃れられるんなら仕方ないな~と思いました。
もし逆子が戻ったと思ったらそれ以上逆子体操をしたらダメなので、エコーで見てみるのでまた来てくださいと言われました。

それ以外は尿検査も問題なく、赤ちゃんの体重も1802gと週数相当の大きさに育っているので何の問題もないとの事でした♪
鉄剤も追加されなかったので、胃もたれと黒い○んPから解放されるのは嬉しかったです。


この日は夫が夜は友達と飲みにいくと言っていたので、私は直接実家へ。

最近いろいろあってストレスが溜まっていたので、母と妹に話を聞いてもらったり、さなっぺ(実家犬)を触って癒されたりしてリフレッシュしました。

その後さなっぺの散歩に一緒に行って、帰ってきてから左を下にして横になってると「あれ?」と思いました。
蹴られる場所がおへその上の方へ移動していたんです。
その後も夜までずっと上ばっかりを蹴られる感じがして膀胱への攻撃がなくなったので、この夜は逆子体操をするのはやめておいて今日早速病院へ。

するとやっぱり逆子が治っていました~*^^*

結局逆子体操を実践する間もなく治ったみたいです。
先生達に「治るの早っ!」って言われました。

自主的に治ってくれたのでしんどい思いもしなくて済んで、産まれる前から親孝行な子です。
これからは上の方へ伸び上がったり無理な体勢をしないように気をつけなきゃと思いました^^;

前に母が「妊婦が伸び上がって高いところのものをとると臍帯が巻く」って言ってて、最近ではそんな事言わないしネットでも「それは迷信」って書いてあったのだけど、あながち全くの嘘ではないのかも。
昔からの言い伝えとかって何か奥に深い意味があったりするものかもしれないですね。




ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととっても嬉しいです*^^*

 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

マタニティライフComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。