スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

入院生活の話<その1>

2010/05/13 17:58 

先日大学時代の友人がお祝いを持って実家に遊びに来てくれました♪


そのうちの一人も私と同じ病院で出産したので、入院生活を思い出し、

友「入院生活すごく辛かったわ~。私2回くらい泣いたもん」

私「え?ほんと?私も2、3回泣いたで~。辛すぎて無理言って一日早く退院したくらい」

と盛り上がったくらい入院生活はいろんな意味で辛かったです。


それで結構思い出せたので、忘れないうちにそろそろ書いておこうと思います。


<0日目>

17時8分に3315gの女の子の赤ちゃんを出産。

子宮の裂傷がひどく長い長い縫合が終わり、貧血のため一時容態が悪くなったりした後、やっと夜の八時ごろに個室へ。
下半身が動けなくなったので尿カテーテルを入れられて寝たきりに。

貧血のため強い痛み止めが使えないので、薬を飲んでも全然痛みがマシにならなかったです。

そんな状態だったのにもかかわらず、夜3時間ごとに助産師さんが赤ちゃんを病室に連れて来て授乳すると言われてびっくりしました。
しんどいからって断ることもできたのかもしれないけど、どうせ痛みで寝られなかったので赤ちゃんに会えるから結果的には良かったかな。

体を自分で動かせないのでその度に体の向きを変えてもらい、添い乳スタイルでなんとか授乳してました。

<1日目>

朝に先生の診察があり、診察室まで車椅子で移動。
起き上がるのも車椅子に座るのも辛かったし、診察が終わった後くらっとして倒れそうになりました。
止血のために詰められたガーゼを引き抜かれるのも痛かったです。

しかも明るい中で自分の体を見てみると、お腹に先生の指の跡の内出血や肩一面にも内出血ができていてびっくりしました。
肩のない出血は体に力を入れすぎてできたものらしいです。

とりあえず縫った糸が自然に溶ける糸で、抜糸がいらないと聞いてほっとしました。

そして、この時初めて助産師さんから、昨日のお産はもうちょっとで帝王切開になるところだったと知らされました。
いろんな助産師さんから口々に「ほんとに大変なお産でしたね。本当に辛抱強かったですね」と慰められ、本当に大変なお産だったんだと改めて知りました。

あと、出た胎盤がかなり大きかったそうで、だからあんなにお腹も大きく娘も立派に育ったのねと納得。

診察が終わって少し眠れたし、とにかく早く良くなりたい一心でご飯をもりもり食べました。
そして、なんとか手の力だけでベッドの手すりを使って自力で寝返りをうてるように。

午後から母と夫が来てくれて嬉しかったです。
配偶者と親以外は部屋には入れないので、私も知ってる夫の友人が二人来てくれてたけど、さすがに尿カテーテルをぶら下げて行くのは嫌だったので私はパスさせてもらいました。

この日は疲れがどっと出て、夜の授乳の合間に少し眠れました。
だけど、授乳の時に初めて乳首から流血。
首が据わってないので、どうも添い乳で授乳すると浅く吸いやすいみたいでした。
この後何回も流血し、皮がべろんとめくれたりひどいことになりました。。。

しかも、助産師さんの遠慮なく力を込めたおっぱいマッサージの痛いこと!
それでもこの頃にはもういろんな痛いことに慣れてきて、「もう好きにして」って感じでした。

<2日目>

前半は父と母が、後半は夫と義母が孫に会いに&お見舞いに来てくれました。
本当は義母の相手するの若干しんどいかなと思ったけど、この機会を逃すとなかなか孫の顔を見てもらえないかと思って。
でも、その甲斐あって喜んでもらえたし、夫の子供の頃の話とか聞けて良かったですが。

この日尿カテーテルを抜いてもらえる予定だったのですが、試しにトイレまで歩いて行けるかどうか試したところ、まだふらふらして無理だったのであきらめました。

<3日目>

貧血のためおっぱいがあまり出てないので、ミルクを少しづつ足すことになりました。

ずっと授乳は添い乳でしていたので頭からしか見えない状態だったし、昼間は預かってもらってたので、まともに娘の顔や体をちゃんと見たことがなかったのですが、ミルクを哺乳瓶であげるとちゃんと顔を見ながらできるので、なんか嬉しかったです。

そして、やっと尿カテーテルが抜けました。
ずっとカテーテルをつけてるとおしっこをする感覚ってどうだったかわからなくなって、なかなか出てこなかったですが^^;

なんとかトイレまでは歩けるようになったけど結構部屋から遠かったので、廊下の手すりにつかまりながら牛歩のようなスピード&おぼつかない足取りで必死でたどり着くって感じで、毎回トイレに行くのが苦痛でした。

3時間ごとに授乳があるという事とトイレに行くのがしんどいので、それを気にしていたらこの日から夜に眠れなくなってきました。

<4日目>

やっとシャワーに入っていいというお許しが出ました。
西向きの部屋で午後からすごく暑かったので汗もかいてて気持ち悪かったのですが、やっとさっぱりできました。

この日の午前中に明日退院できるかどうかがわかる貧血の血液検査をしてたのですが、夜に先生がやってきて結果は入院延長とのこと。

しかも娘には黄疸出て、光を当てて治療することになりました。
この時期の黄疸は良くある事だからと言われたけど、やはり心配でした。

遠くにあるトイレに行くのが毎回しんどいし、便秘にもなってて、夜も眠れないし、授乳も毎回流血したりしてうまくいかないし、助産師さんは毎回替わるので添い乳でしか授乳できないことなど毎回説明しないといけなくて、だんだんストレスが溜まっていました。

そのあげく娘の黄疸と自分の退院が延期されたことで、なんだかすべてがつらくなってきてこの時ひとり部屋で大泣きしました。
涙を止めようと思っても止まらなくて、たぶん30分くらい泣いていたような。。。

<つづく>


ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけるととっても嬉しいです*^^*

 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

出産Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

こんにちわ♪

入院生活、とっても辛かったんですネ・・・(ノД`)・゜・。
私も出産時の出血が多くて、翌日貧血になったので
部屋に連れてきてもらって授乳しました。
デモ、体調がおもわしくなかったので
夜中の授乳は止めた方が良いと言われて、
出産翌日の夜中の授乳はしなかったです。
病院によって様々ですね。。。
貧血になってるんだから、母乳だって出ないだろうし
ママにとっても疲れるだけだから、入院中はせめて
そういう時は休ませてほしいですよね。

トイレが部屋にないのは辛いですね。
私もお風呂は3日目から入りました。
私も入院中は早く家に帰りたいとばかり
思っていましたし、私も部屋で泣きましたよ。
みんな同じですよね。

また遊びにきますね♪


No:463 2010/05/19 13:51 | めーりん #-URL[ 編集 ]

>めーりんさん

こんにちは^^

ほんとに出産の翌日くらいまではそっとしておいて欲しいですよね。

母乳育児を推進してる病院だと母乳が出ない場合結構厳しいみたいですね。
違う病院だった友達はそんなに辛い思いしなかったって言ってたし。。。
たまに助産師さんが鬼に見えたことも^^;

めーりんさんも入院生活辛かったんですね。。。
出産後はホルモンバランスも崩れて心が不安定になりやすい時期なんだから、もっとお母さんにも優しくして欲しいなと思いました。


No:466 2010/05/20 14:06 | ユウ #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。